コンタクトフォーム7にサンクスページを追加する方法

2018年11月19日2019年1月16日

言わずとしれたWordPressの人気プラグインのコンタクトフォーム7。

デフォルトのままでも、お問い合わせを送信すると簡単な「ありがとうございます」というメッセージが表示されます。ですが、意外にもこのメッセージは見逃しがち。このため、ユーザーが誤って再送信を繰り返してしまう… なんて事も結構起きるものです。以前の記事 ”コンタクトフォーム7の「ありがとうございます」の表示位置を変更する方法” のように、位置を調整する事でもサンクスメッセージを目立たせる事は出来ますが、送信後に別に作成したサンクスページに遷移させたいという場合も多いでしょう。

という事で今回は、コンタクトフォーム7に別に用意したサンクスページを追加する方法です。javascriptを使用します。javascriptがよくわからないという方でも、コピペでできますのでチャレンジしてみて下さい。

サンクスページを用意する

最初に使用するサンクスページを準備しましょう。

ページあればなんでもいいので、固定ページでも投稿ページでも都合の良いところに1ページ作ってください。

javascriptコードの設置

ワードプレスサイトにjavascriptを設置する方法はたくさんありますが、今回はなるべく環境に左右されない方法です。という事で、wp_footerフックを利用して、ページのbodyの閉じタグの前にjavascriptコードを直接出力しています。

下のコードをコピーして、使用中のテーマのfunctions.php内に貼り付けましょう。貼り付け場所は最後で大丈夫ですが、functions.phpの最終行に”?>”と書かれていたら、その前の行に貼り付けましょう。

上のコードのままだと、このブログのトップページにジャンプしてしまいます。

6行目を遷移させたいサンクスページのURLに書き換えましょう。クォーテーションやセミコロンをうっかり消してしまうとエラーになります。注意して下さい。

これだけでサンクスページの追加は完了です。

最後に

ちゃんと送信後にページが移動しましたか?意外なほどカンタンですよね。

コンタクトフォーム7で参考コードを用意してくれていたからですが。。。このページの内容は、下のページを参考にしています。ご覧になりたい方はどうぞ。

参考サイト

送信後に異なる URL にリダイレクトさせるには | Contact Form 7 [日本語]

関連のある記事

コンタクトフォーム7でreCAPTCHA V3を導入する方法

コンタクトフォーム7でreCAPTCHA V3を導入する方法

記事を読む

コンタクトフォーム7で動的にデフォルト値や選択肢・送信先などを設定する方法

コンタクトフォーム7で動的にデフォルト値や選択肢・送信先などを設定する方法

記事を読む

コンタクトフォーム7でフォームを判定して別々のサンクスページを表示する方法

コンタクトフォーム7でフォームを判定して別々のサンクスページを表示する方法

記事を読む

コンタクトフォーム7で郵便番号から住所を自動入力させる方法

コンタクトフォーム7で郵便番号から住所を自動入力させる方法

記事を読む

コンタクトフォーム7の「ありがとうございます」の表示位置を変更する方法

コンタクトフォーム7の「ありがとうございます」の表示位置を変更する方法

記事を読む


目次へ
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages