WordPressブログに最終更新日を表示する方法

WordPressブログに最終更新日を表示する方法
2018年8月2日2019年1月16日

WordPressのテーマって、公開日の表示はカスタマイザーでON/OFFの設定が出来たりする事が多いと思います。でも、最終更新日って表示してくれるテーマが少ない!表示してくれるテーマでも、公開日か最終更新日のどちらかを表示するシステムだったり…。「2年前に書いた記事を、内容が古くなったから更新した」なんて時に、記事上に2年前の公開日の日付が表示されているなんて、なんだか残念ですよね。

というわけで、今回は個別記事上に最終更新日を表示していきます。

functions.phpに記述する場合

テーマのテンプレートに触りたくない場合も多いかもしれません。その場合は以下のコードをfunctions.phpに貼り付けましょう。以下のコードはthe_contentフィルターフックを利用して、個別記事の本文の最初に最終更新日を付け足しています。他の場所に表示したい場合は、適宜フックを変更して下さい。

最終更新日(日付のみ)

最終更新日+時刻を表示

pタグや「最終更新日:」の部分は書き換えても問題ありません。

テーマのテンプレートに記述する場合

使用しているテーマのテンプレートをカスタマイズして最終更新日を出力するには、the_modified_date()が便利です。引数無しでWordPressで設定した日付フォーマットで最終更新日を取得できます。テーマのテンプレート内に記述する場合はこちらがいいでしょう。

最終更新日(日付のみ)

以下のコードをコピーして、表示したい箇所に貼り付ければOKです。

最終更新日+時刻を表示

時刻まで表示したい場合は以下のコードを貼り付けましょう。

テンプレート内に記述する時の注意

初心者の方向けの話ですが、上のコードの「<?php」から「?>」まではPHPの記述となります。これはテーマのテンプレートの中にもたくさん記述されています。この間には上記のコードは貼り付けてはいけません。もし、どうしてもこの中に記述する必要がある場合は、「<?php」と「?>」は必要ありません。中の部分だけを貼り付けて下さい。

関連のある記事

WP_Queryを使用して作った一覧ページに前後or番号付きページャーを付ける方法

WP_Queryを使用して作った一覧ページに前後or番号付きページャーを付ける方法

記事を読む

【タクソノミー&ターム編】WP_QueryのANDとORを併用した複雑な条件指定の書き方

【タクソノミー&ターム編】WP_QueryのANDとORを併用した複雑な条件指定の書き方

記事を読む

WPBakery Page Builder(VC)のデザインオプションのCSSが一覧ページで効かない時の対処方法

WPBakery Page Builder(VC)のデザインオプションのCSSが一覧ページで効かない時の対処方法

記事を読む

オリジナルのユーザー権限グループのユーザーが「作成者」に表示されない場合の対処方法【ワードプレス】

オリジナルのユーザー権限グループのユーザーが「作成者」に表示されない場合の対処方法【ワードプレス】

記事を読む

コンタクトフォーム7で動的にデフォルト値や選択肢・送信先などを設定する方法

コンタクトフォーム7で動的にデフォルト値や選択肢・送信先などを設定する方法

記事を読む

Advanced Custom Fieldsでセレクトボックスなどの選択肢を動的に設定する方法

Advanced Custom Fieldsでセレクトボックスなどの選択肢を動的に設定する方法

記事を読む


目次へ
Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages